スポンサードリンク

2009年05月21日

コピーサイト

サイトを運営を始めてもなかなか記事が思い浮かばずについつい他人のサイトを参考にしすぎてしまったり。極端にはコピペしてしまう人たちがいる。こららのサイトはコピーサイトと判断されGoogleから警告を受けたり、最悪な場合はライセンスが無効になったりする。ニュースなどを参考にした場合でも必ず自分の考えなどを記事にする必要があります。
また、記事提供サービスなどを利用すると安価に記事を購入することも可能ですが、多くの利用者が同じ記事をアップすることにより結果的にコピーサイトと判断されてしまいますので注意しましょう。もし利用する場合は十分にリライトする必要がありますが、それでも類似サイトと判断されますので避けた方が良いと思います。私自身、記事提供サービスを利用し十分にリライトした何千ページもにアドセンス広告表示されなくなる経験をしました。(これらのサイトには、楽天のぴたっとアド広告を貼っていますがアドセンス広告の方がぴたっとした広告が表示されますし、断然単価も高いです。アドセンスのライセンスは大事にしましょうね。)


posted by アドサイトプロで勝つ at 01:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 危険な行動